バナナと生活習慣病と寝不足の解消

糖分はエネルギー源となるのですが、バナナには多くの糖類が含まれており、時間差で吸収されるので長い間エネルギーが持続します。そのためスタミナを必要とするスポーツ選手などにもおすすめの食材となっており、オレンジなどに含まれるクエン酸には疲労物質を取り除く働きがあるため、バナナと一緒に食べることでエネルギーの補給と疲労の回復効果を同時にえることができます。バナナにはカリウムが豊富に含まれているのですが、カリウムには体内の余分なミネラルを排出して血圧を調整するという作用があります。そのため高血圧や脳梗塞、動脈硬化の予防効果を期待できますし、血糖値を下げる働きもあると言われているため、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。また、バナナには抗酸化物質の一種であるポリフェノールも多く含まれており、果物としては最高の量とされています。ポリフェノールには活性酸素を取り除く効果があると言われているため、老化を抑えたりガンなどの生活習慣病の予防効果が期待できます。また、生活習慣病の予防にはしっかりとした睡眠も必要です。質の高い眠りは熟睡感や起床直後の爽快感を得られますが、長く眠っていても質が低ければ疲労は回復しないので注意しましょう。寝る前に食事をしてしまうと寝ている間も内臓が働くことになりますし、体をしっかりと休めることができません。消化に使うエネルギーによって寝不足になってしまうこともあります。特に寝不足を解消したい場合、寝る前の飲酒は避けるようにしましょう。体は体温が下がると眠気を感じるようになっており、入浴で体を温めると体の循環が良くなります。そして、お風呂から上がると末梢から急激に体の体温が下がっていくため、深く眠れるようになるのです。また、寝不足の解消にはストレッチやヨガなどの軽い運動をするのもおすすめです。