生活習慣病と水痘症状と座禅について

医学用語では水痘と呼ばれているのが水痘症状であり、ウイルスが感染して発症する、皮膚の感染症です。子供の頃に水痘症状を体験した大人は多いでしょうが、その通りで子供が感染をしやすい病気です。普段から体が丈夫な子供であれば、もしも感染をしても意外と軽症ですみます。ただなにかの病気などで体内の免疫が低下しているときに水痘症状にかかってしまうと、その症状は悪化することがありますから、いつもは元気でも弱っている時には要注意です。もしも大人になってから感染をしたら、高熱が出たり重症な症状になる可能性があります。

座禅は心のダイエットと言われることがあります。何も考えない無の状態となり、座禅をすることによって自分と向きあることができます。座禅に特有の呼吸法があって、その方法をマスターすることで、セロトニンが脳内に分泌されやすくなります。こうして心は晴れやかになりますから、心が快適にあったり、記憶という面でもレベルは向上します。精神面での安定性が出てきますし、体調面でも良い効果が現れることになります。行う時間ですが線香を用意して、その1本が燃えきる時間を目安にします。それはだいたい、30分から40分ほどの時間になります。服装はきつすぎないように、ですがだらしなくはないように整えましょう。

ほとんどの病気は、乱れた生活習慣が関連しています。健康に過ごせる寿命を阻害するのが生活習慣病であり、不健康な生活を続けることで引き起こります。肥満になって内臓脂肪が沢山付けば、ここから生活習慣病に繋がりやすくなります。生活の中で体を動かして、バランスのいい食事をしましょう。禁煙の実践もして、健康的な生活をすることです。