生活習慣の乱れで糖尿病などのリスク

現代社会は仕事や家庭生活などでのストレスは多いものです。このストレスからどうしても過食したり生活習慣が乱れることが多く、それがもとで健康への悪影響が生じることがあります。生活習慣が乱れると生活習慣病になりやすいと言われていますが、その理由としてストレスによる過食と運動不足などがあり、これから臨界を超えると糖尿病を引き落とします。糖尿病の発症は、遺伝的なものはあまりますがほとんどがカロリー過多によるもので、必要以上のカロリーである主に糖質過剰がもたらすインシュリン分泌障害です。血糖調整のためにインシュリンを分泌しますがこれがうまく機能しなくなって血中の血糖値が上がったままになります。そうなるとこの濃度の高い血液が血管にダメージを与えて、二次被害的に血行不順を引き落として、臓器不全を引き起こし、最悪網膜は損による失明や手足の血行不順による壊死などの合併症を患います。こうなる前のリスクコントロールとして生活習慣の見直しをするべきです。まずはカロリーのコントロールで過剰な摂取は避け、取り過ぎた場合には必ず運動を取り入れてカロリー消費をしてバランスをとったほうがいいです。適度な運動は必ず毎日続けたほうが生活習慣によく、通勤などでは一駅まで降りて会社まで早足で歩くぐらいの習慣はつけたほうがいいです。またカロリー過剰を防ぐに食生活の中で食物繊維を多く取り入れて、その食物繊維の効用として対外への摂取した油脂分の排出に注力します。そして夜の9時以降は食物を食べないことで、9時以降の摂取は、体に肉としてつきやすく特に脂肪になりやすいために肥満化しますので生活習慣病のリスクをさらに高めるために絶対にやめたほうがいいです。